ライター・大橋博之の活動リスト

監 修
『Webライター入門』(技術評論社)2015年8月25日

著 書
『心の流浪 挿絵画家・樺島勝一』(弦書房)2014年3月25日
『SF挿絵画家の時代』(本の雑誌社)2012年9月25日



編著・プロデュース
『少年少女昭和SF美術館』(平凡社)2013年11月20日
『日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑』(河出書房新社)2010年6月30日



編 集
『美少女の美術史』(青幻社)2014年07月20日発行
『大阪万博』(小学館)2014年03月01日発行
『ヒロコ ウルトラの女神誕生物語』(小学館)2011月07月15日発行
『SFメカニック・ファンタジー 小松崎茂の世界』(ラピュータ)2010年02月10日発行
『光瀬龍 SF作家の曳航』(ラピュータ)2009年07月07日発行
『樺島勝一 昭和のスーパー・リアリズム画集』(小学館クリエイティブ)2008年10月01日発行
『金森達SFアート原画集』(ラピュータ)2008年01月25日
『武部本一郎 少年SF挿絵原画集』〈上・下〉(ラピュータ)
『柳柊二 怪奇画帖』(ラピュータ)2006年12月20日

執 筆
もし、生賴範義がいなかったらきっと日本のSFアートは薄っぺらいものになっていたのに違いない。」〈生賴範義展Ⅱ 記憶の回廊 1966-1984〉図録(みやざきアートセンター)2015年07月09日
「解説」〈聖域の殺戮〉(講談社文庫)2010年1月15日
「ジュヴナイルSFの黄金時代」〈昭和少年SF大図鑑〉(河出書房新社)2009年07月30日
「日本SFアート史」〈SF本の雑誌〉(本の雑誌社)2009年07月05日
「夕ばえ作戦 解説」〈夕ばえ作戦 1 リュウコミックス〉(徳間書店)
「夕ばえ作戦 解説」〈月刊 COMICリュウ〉(徳間書店)
「挿絵画家と幻影城」〈幻影城の時代 完全版〉(講談社BOX)2008年12月17日
「無署名記事」〈岡本太郎と太陽の塔〉(小学館クリエイティブ)2008年6月
「山川惣治──百年目のミステリー」〈本の雑誌〉(本の雑誌社)2008年6月号
「怪獣絵師たちの時代」〈ウルトラマン大博覧会 ROPPONGI天空大作戦〉(ぴあ)2007年12月13日
「武部本一郎・一九八〇年の日記と絶筆」〈本の雑誌〉(本の雑誌社)
「酒井七馬伝を追いかけて」〈本の雑誌〉(本の雑誌社)
「幻の画家・竹中英太郎の新たな評伝」〈本の雑誌〉(本の雑誌社)
「武部本一郎と城青児と手塚治虫」〈本の雑誌〉(本の雑誌社)

連載「未来の風景SFアート十選」〈日本経済新聞〉(日本経済新聞社)
第10回「redjuice「ハーモニー」」2014年11月25日
第9回「YOUCHAN「小惑星2162DSの謎」」2014年11月24日
第8回「加藤直之「宇宙の戦士」」2014年11月21日
第7回「深井国「折れた魔剣」」2014年11月20日
第6回「真鍋博「27世紀の発明王」」2014年11月18日
第5回「生賴範義「幻魔大戦」」2014年11月17日
第4回「斎藤和明「さいはてのスターウルフ」」2014年11月14日
第3回「武部本一郎「火星のプリンセス」」2014年11月13日
第2回「中島靖侃「SFマガジン 創刊号」」2014年11月11日
第1回「小松崎茂「宇宙戦争」」2014年11月7日

連載「日本ジュヴナイルSF戦後出版史~少年SFの系譜~」〈SFJapan〉(徳間書店)
第14回「鶴書房/盛光書房」(最終回)
第13回「那須辰造/白木茂/亀山龍樹」
第12回「福島正実とジュヴナイルSF」
第11回「〈少年マガジン〉とジュヴナイルSF」
第10回「[少年少女科学小説選集]と[少年少女世界科学冒険全集]」
第9回「山川惣治とノックアウトQ」
第8回「ボーイズライフ」
第7回「武部本一郎と火星のプリンセス」
第6回「少年ケニヤと山川惣治」
第5回「国土社と創作子どもSF全集」
第4回「ジュヴナイルSFにおけるジュール・ヴェルヌ」
第3回「あかね書房と少年少女世界SF文学全集」
第2回「岩崎書店と少年文芸作家クラブ」
第1回「秋元文庫とソノラマ文庫」

連載「SF挿絵画家の系譜」〈SFマガジン〉(早川書房)
第44回「ピースメーカーとウエスタン◎小林弘隆」2009年11月号
第43回「ユーモアとペーソス◎佐々木侃司」2009年10月号
第42回「ソフトな漆黒◎原田維夫」2009年09月号
第41回「モダンでシャープ◎日下弘」2009年08月号
第40回「エログロナンセンス◎中村宏」2009年07月号
第39回「フォトコラージュ◎佐治嘉隆」2009年06月号
第38回「ムーン・ファンタジー◎追悼・斎藤和明」2009年05月号
第37回「エキゾティシズム◎深井国(後編)」2009年04月号
第36回「エキゾティシズム◎深井国(前編)」2009年03月号
第35回「アメコミタッチ◎水野良太郎」2009年02月号
第34回「未来のコスチューム◎江口まひろ」2009年01月号
第33回「木版とパリ◎畑農照雄」2008年12月号
第32回「挿絵画家の美学◎坂入徳次郎」2008年11月号
第31回「ホワイト・パッケージ◎大西将美」2008年10月号
第30回「耽美のシュルレアリスム◎秋吉巒」2008年09月号
第29回「濃厚なリアルと幻想◎毛利彰」2008年08月号
第28回「昭和のモダニズム◎濱野彰親」2008年07月号
第27回「ラフな表現◎中山正美」2008年06月号
第26回「アートな人生◎長尾みのる」2008年05月号
第25回「淡く透明な重厚◎高荷義之」2008年04月号
第24回「小松崎を継ぐ画家◎梶田達二」2008年03月号
第23回「リアリズムの画家◎中西立太」2008年02月号
第22回「映画とミステリー◎山野辺進」2008年01月号
第21回「ブラック・ユーモア◎楢喜八」2007年12月号
第20回「[特別編]Nippon2007(ワールドコン)◎アートショー(後編)」2007年11月号
第19回「[特別編]Nippon2007(ワールドコン)◎アートショー(前編)」2007年10月号
第18回「永遠のヒーロー・ヒロイン◎武部本一郎」2007年09月号
第17回「謎の深海◎岩淵慶造」2007年08月号
第16回「宇宙への航海◎金森達(後編)」2007年07月号
第15回「宇宙への航海◎金森達(前編)」2007年06月号
第14回「ドリーム・オア・リアリティ?◎真鍋博」2007年05月号
第13回「方解石の粉末◎中島靖侃」2007年04月号
第12回「冒険、愛、友情◎山川惣治」2007年03月号
第11回「ユーモアヤング◎祐天寺三郎」2007年02月号
第10回「怪人と美女と美少年◎石原豪人(後編)」2007年01月号
第9回「怪人と美女と美少年◎石原豪人(前編)」2006年12月号
第8回「怪獣地帯◎伊藤展安」2006年11月号
第7回「原色の咆哮◎南村喬之」2006年10月号
第6回「美しく力強い肉体◎柳柊二(後編)」2006年09月号
第5回「美しく力強い肉体◎柳柊二(前編)」2006年08月号
第4回「ラベンダーの香り◎谷俊彦」2006年07月号
第3回「壮大な冒険の物語◎依光隆」2006年06月号
第2回「世界を魅了した麗しき美女◎武部本一郎」2006年05月号
第1回「僕らの夢、僕らの未来◎小松崎茂」2006年04月号